プロフィール

岩合 光昭(いわごう みつあき)

岩合光昭(いわごう みつあき)

1950年東京生まれ。19歳の時に訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続け、アフリカ・セレンゲティ国立公園に1年半に渡り滞在して撮影をした写真集「おきて」は、世界中でベストセラーとなる。また、独特の色やコントラストを持ち、想像力をかきたてる写真は、ナショナルジオグラフィック誌の表紙を2度飾るなど、全世界で高く評価されている。近年はカナダでホッキョクグマ、中国でジャイアントパンダやトキ、知床でオオワシやヒグマ、屋久島でヤクシカやヤクザルなど、オリンパスのデジタル一眼カメラを駆使して、野生動物の写真を次々と発表している。最近はライフワークともいえるネコの撮影にも力を入れており、NHKBSで「岩合光昭の世界ネコ歩き」が好評放映中のほか、写真展「ねこ歩き」が2013年5月の日本橋三越を皮切りに日本各地に巡回中。2013年8月からは、写真展「ネコライオン」も日本各地で巡回中。

岩合百科

  • 岩合さんをより詳しく知りたい方はコチラ

ナビゲーター「イワン」君

ナビゲーター「イワン」君 Webサイト「デジタル岩合」開設時(2001年5月)に誕生した「デジタル岩合」専用のキャラクター。
サイト開設記念イベントとして、デジタル岩合会員の方々にネーミングを募集。集まった多くの命名案から岩合さんが選出し「イワン」という名前に決定。趣味は、写真撮影と写真鑑賞。身長、体重は不明。性別は「男の子」。

▲ページの先頭へ