撮影取材記:南アフリカ編 第1話・第2話

岩合さんが世界各地で撮影した動物たちの写真レポートです。国・地域別でご覧いただけます。

南アフリカ編 第1話 今回の撮影テーマは、「花と動物」に決めた。
そのきっかけとなったのは、カナダの小島で撮影に成功した、ある写真だった

2002年8月、僕はホッキョクグマが、
「雪と氷に覆われた、白銀世界に暮らす動物」
というイメージを180度覆すシーンに出会った。
皆さんもご存知の「ホッキョクグマと赤い花」(下の写真)だ。
考えてみれば、花だってワイルドライフの一部。
「E-1」で、野生動物と花が織りなす
鮮やかなコントラストを撮影したい。
きっと世界には、僕の知らない美しいシーンが、
まだまだたくさんあるんじゃないかな。

花を求めて、アキの日本から、春の南アフリカへ出発だ。

2004年9月。僕は「E-1」を手に、
花を求めて春を迎えたばかりの
南アフリカを訪れた。
最初の目的地は、「ボンテボック国立公園」。
有名な港町ケープタウンから、
やや内陸に向かって車を走らせる。
前方には乾燥した大地が続く。
「こんな場所に、ほんとうに花が咲いているのかな」
ハンドルを握りながら、僕は心配になってきた。
出発して約4時間。僕の目の前に、
ピンクや淡い白色の花をつけたヒースの群生地が広がった。

 
南アフリカ編 第2話 エリカの花が咲き乱れる「ボンテボック国立公園」に到着。

動物はいる。花はある。でも、いっしょに撮影するのは想像以上に難しい。

「ボンテボック国立公園」では、
絶滅が危惧されている稀少動物
ケープヤマシマウマが観察できるという。
しかし、花と野生動物をひとつの画面に入れて撮影することは、
簡単そうに見えて難しい。
花が咲き乱れるのは、
1年のうちでも限られたシーズンだけ。
しかも、野生動物は好んでは花を食べないので、
花畑の中にやってくる必然性がない。
朝霧が立ちこめる早朝から、「E-1」を手に、
国立公園内で撮影ポイントを探してまわる。

午前10時すぎ。
霧の晴れたエリカの花畑の向こうに
ケープヤマシマウマがやってきた。
静かに「E-1」を構え、こっちに来てくれ、と
心の中で呼びかけた。
公園の名の由来となっている
生まれたばかりのボンテボックの子どももいる。
親とくらべて体も明るい色で可愛い。
日中、あたたかくなった花畑に、
ホウシャガメが集まってきている。
どうやら彼らは、この花が好物らしい。

花をむしゃむしゃ食べるヤツがいた、それは…。

▲ページの先頭へ