撮影取材記

撮影取材記:パンタナール 第1話

岩合さんが世界各地で撮影した動物たちの写真レポートです。国・地域別でご覧いただけます。

Pantanal Iwago's Photography Reports

Episode-1

01 プロローグ いつか必ず訪れたいと願っていた、世界最大級の大湿原パンタナール。ついに、決行のときが来た!

僕の中に、"パンタナール"という場所がインプットされたのは、1986年にさかのぼる。アフリカ・セレンゲティ国立公園に1年半滞在して撮影した写真が『ナショナル ジオグラフィック』誌の表紙を飾ることになったとき、編集者に「次は何を撮るんだ?」と聞かれた。僕がオーストラリアと答えると、彼は「オーストラリアより、もっと興奮するところがあるよ。南米のパンタナールだ」と言うのだ。そのとき僕は、パンタナールを知らなかった。そこはジャガーが撮れるのかと尋ねると、「撮れるとも!」という返事。 それ以来、"パンタナール"という響きが僕の心を捉え続けたが、なかなか訪れる機会には巡りあえなかった。

パンタナールは南米大陸のほぼ中央に広がる、世界最大級の大湿原だ。ブラジルからボリビア、パラグアイにまたがり、その広さはおおよそ日本の本州に匹敵する。10月頃から半年間ほどは雨季で、川が氾濫して多くの土地がどっぷりと水に浸かってしまう。5月頃になると乾季を迎えて水が引き、ところどころ川や池に水を残す以外は、草原へと姿を変える。そして、この世界でも希有な大湿原は、多彩な野生動物の生息地としても世界屈指であり、ジャガーをはじめ、オオカワウソ、パラグアイカイマン、カピバラ、アメリカバク、オオアリクイなど、多種多様な動物たちがいる。

パンタナールの湿原

岩合さん

(左)パンタナールの湿原、(右)岩合さん

ある日、僕は地球儀を回しながら、2018年のオリンパス/WWFカレンダーのための撮影地をどこにしようかと考えていた。そのときふと、"パンタナール"という響きがよみがえった。何かの記事で、縦貫道が出来たことにより、奥地に生息するジャガーを2000年代に入って見られるようになった、という報告も目にしていた。よし、撮影地はパンタナールだ!いつか必ず撮影したいと願っていた地だ。雨季と乾季のどちらのシーズンも取材しよう。乾季が終わろうとする10月初めに第一回目の撮影をすることに決め、僕はパンタナールへと向かった。

使用機材

パンタナール取材時・使用機種

  • OLYMPUS OM-D E-M1
  • OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
  • OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
  • ZUIKO DIGITAL ED 300mm
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm

パンタナール