撮影取材記:野生動物図鑑(パンタナール)

岩合さんが世界各地で撮影した動物たちの写真レポートです。国・地域別でご覧いただけます。

野生動物図鑑 岩合さんの撮った動物をもっと詳しく知っちゃおう!

パンタナール-01

アメリカヌマジカ

アメリカヌマジカVU危急種※

肩高約1~1.2m、体長約1.8~2m、南アメリカに分布するシカ科類の中で最も大きい。全身は長く粗い体毛で被われ、夏毛は黄赤色、冬毛は赤褐色になる。のどと眼の回りは白色で、四肢の下半部と尾の下面は黒色、上唇に1黒斑がある。 単独か1頭のオスおよび数頭のメスと子からなる6頭ぐらいの小群で暮らし、主に夜明け頃と夜間に活動する。現在、その数は減り絶滅の危機にある。

南米ウルグアイでは、残念だけど既に絶滅してしまったんだって…。

パンタナール-02

スミレコンゴウインコ

スミレコンゴウインコVU危急種※

体長約90~100cmで、ブラジル、ボリビアやパラグアイのサバンナや湿原、熱帯雨林などに生息し、多くの場合10~30羽の群れを作っている。鮮やかで輝くような美しい青色の羽で、ペットとしても人気が高く、多くが不法に捕獲されたため急激な速さで減少し、深刻な絶滅の危機にある。1987年にワシントン条約附属書Iに掲載された。別名「スミレコンゴウ」「ヒヤシンスコンゴウ」と言われている。

つがいになると通常一生添い遂げるだって、素敵だね!

パンタナール-03

パラグアイカイマン

パラグアイカイマン

南アメリカ中部の湿地に棲む。体長が約1.5~2.5mの小型のワニ。約30年前、パラグアイカイマンは高値で売れる皮を目当てに乱獲され、絶滅の危機にあったが、ブラジル政府の取り締まりの強化と、1992年に野生のワニの皮の取引が世界的に禁止されたおかげで絶滅を免れた。主に魚や貝を食べ、特にピラニアが好物だと言われている。

「カイマン」とは、カリブ海地方の先住民の言語で「ワニ」をさすんだよ!

パンタナール-04

カピバラ

カピバラ

げっ歯類では最大の種。体長約105~135cm、体重約35~65kg。南アメリカ東部アマゾン川流域を中心とした、温暖な水辺に生息する。ネズミの仲間だが、尾が無く水かきがあり、泳ぎがとても上手である。天敵から隠れるために水中に5分以上潜ることもあり、鼻先だけを水上に出し眠ることもある。陸上でも素早く動くこともでき、時速約50kmのスピードで走ることが出来る。

名前の由来は、南アメリカ先住民の言語の「細い草を食べる者」や「草原の支配者」という意味からきていると言われているんだよ!

パンタナール-05

ジャガー

ジャガーNT近危急種※

南アメリカに生息するネコ科動物の中で最大で、体長約120~185cm、尾長約45~75cm。体毛はほとんど黄褐色で、一見ヒョウと似ているが、「ロゼット」と呼ばれるバラの花状の黒い斑点模様の輪の中にも黒点がある。ジャガーは水を嫌がらないどころか、泳ぎを得意としている。噛む力が非常に強い。メスは1度に2~4匹の子を出産。子どもは2年以上、母親とともに暮らす。

名前の由来はアメリカ先住民の言葉「ヤガー」から来ていて、「一突きで殺す者」という意味が含まれているんだって!

パンタナール-06

ズグロハゲコウ

ズグロハゲコウ

全長約1.2~1.3m、コウノトリ目コウノトリ科に分類される鳥類の一種。アメリカ大陸で最大種で、翼を広げると2.5m近くになる。生息地は南アメリカの熱帯地域の沼地、サバンナ、湖沼やラグーンなど。コウノトリ類のくちばしはほとんどの種はまっすぐだが、ズグロハゲコウはわずかに上に曲がっている。首から頭の黒色は羽ではなく黒い皮膚がむき出しで、首の根元は赤色。ブラジルでは「トゥユユ」と呼ばれている。

英名の「Jabiru(ジャビル)」は、オーストラリア大陸の原住民アボリジニの言葉で、同じ名前の地名があり、その地名のままこの鳥の名前になったんだ!

パンタナール-07

ナンベイレンカク

ナンベイレンカク

体長約22~25cm。パナマからアンデスにかけての南アメリカの標高300m以下の湿原や草地、低地の池、沼、水田、水路などに生息する。特徴的な長い足爪を使って、水面に浮いているスイレンやヒシの葉の上を歩いて移動ができる。翼にツメがあるのも特徴の一つである。 巣は、水上に水草等を束ねた浮き巣を作る。メスがオスを従える「一妻多夫」制の鳥で、卵とヒナの世話はオスが行う。

オスが守っている卵をメスが壊して、自分の卵を産む「子殺しの鳥」とも言われているんだ!

パンタナール-08

フサオマキザル

フサオマキザル

頭胴約40~55cm、尾長約40~50cm。南アメリカ北・中部の森林地帯などに生息している。主に樹上性で、樹木の中層から下層で生活し、夜間も樹上で眠る。長い尾は、物をつかんだり、自分の体重を支えることがもできる。名前は頭の両側に逆立つ黒い房状の毛があることからつけられた。とても頭が良く、木の実を割るのに石を用いるなど、野生での道具使用が多く報告されている。

手先も器用で、とても賢いので「南米のチンパンジー」とも呼ばれているんだって!

パンタナール-09

アカハナグマ

アカハナグマ

頭胴長約40~70cm、尾長約30~70cm、南米の熱帯から亜熱帯域に広く生息している。木登りが上手い。尾はシマ模様で、体の半分程の長さがあり、木登りの際にバランスをとるのに使われる。採食は昆虫、果実や小動物も食す雑食性で、協力な前足と長い爪を使って地中から虫などを掘り出して食べる。昼間に活動し、夜は木の間で眠る。10~20頭の群れで生活するが、オスは成長するとに単独生活をする。

クマではなく、アライグマの仲間なんだよ!

パンタナール-10

NEW

オオアリクイ

オオアリクイVU危急種※

頭胴長約100~120cm、尾長約65~90cm。中央アメリカから南アメリカにかけた、草原や湿地、開けた熱帯雨林などに生息している。アリクイの中で最も体が大きく、全身が粗くて長い毛に覆われ、尾も長くふさ状の毛に覆われている。視力が弱いため嗅覚でアリ塚を見つけ、そこに長い鼻と舌を突っ込んで食べる。1日に3万匹以上のアリやシロアリを食べると言われている。木には登れないが、泳ぎは上手い。

オオアリクイは歯のない貧歯目の動物なんだけど、捕食のために60cm以上も舌を伸ばすことができるんだよ!

人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

絶滅が心配されている近絶滅種(CR)や絶滅危惧種(EN)の詳しい情報は、WWFジャパンのホームページにあるよ!
チェックしてみてね。

※絶滅危惧種の略称

ここではIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストの定義をもとに、WWFの呼称で表記しています

略称 EX EW CR EN VU NT
WWFの呼称 絶滅種 野生絶滅種 近絶滅種 絶滅危惧種 危急種 近危急種
環境省の呼称★ 絶滅 野生絶滅 絶滅危惧
IA類
絶滅危惧
IB類
絶滅危惧
II類
準絶滅危惧

★環境省のレッドリストのカテゴライズです。詳しくはコチラをご覧ください。

●この「パンタナールの野生動物図鑑」の情報は2017年12月現在のものです。 IUCN Red List Ver.3.1


▲ページの先頭へ