撮影取材記:野生動物図鑑(パンタナール)

岩合さんが世界各地で撮影した動物たちの写真レポートです。国・地域別でご覧いただけます。

野生動物図鑑 岩合さんの撮った動物をもっと詳しく知っちゃおう!

パンタナール-01

NEW

アメリカヌマジカ

アメリカヌマジカVU危急種※

肩高約1~1.2m、体長約1.8~2m、南アメリカに分布するシカ科類の中で最も大きい。全身は長く粗い体毛で被われ、夏毛は黄赤色、冬毛は赤褐色になる。のどと眼の回りは白色で、四肢の下半部と尾の下面は黒色、上唇に1黒斑がある。 単独か1頭のオスおよび数頭のメスと子からなる6頭ぐらいの小群で暮らし、主に夜明け頃と夜間に活動する。現在、その数は減り絶滅の危機にある。

南米ウルグアイでは、残念だけど既に絶滅してしまったんだって…。

パンタナール-02

NEW

スミレコンゴウインコ

スミレコンゴウインコVU危急種※

体長約90~100cmで、ブラジル、ボリビアやパラグアイのサバンナや湿原、熱帯雨林などに生息し、多くの場合10~30羽の群れを作っている。鮮やかで輝くような美しい青色の羽で、ペットとしても人気が高く、多くが不法に捕獲されたため急激な速さで減少し、深刻な絶滅の危機にある。1987年にワシントン条約附属書Iに掲載された。別名「スミレコンゴウ」「ヒヤシンスコンゴウ」と言われている。

つがいになると通常一生添い遂げるだって、素敵だね!

パンタナール-03

NEW

パラグアイカイマン

パラグアイカイマン

南アメリカ中部の湿地に棲む。体長が約1.5~2.5mの小型のワニ。約30年前、パラグアイカイマンは高値で売れる皮を目当てに乱獲され、絶滅の危機にあったが、ブラジル政府の取り締まりの強化と、1992年に野生のワニの皮の取引が世界的に禁止されたおかげで絶滅を免れた。主に魚や貝を食べ、特にピラニアが好物だと言われている。

「カイマン」とは、カリブ海地方の先住民の言語で「ワニ」をさすんだよ!

人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

絶滅が心配されている近絶滅種(CR)や絶滅危惧種(EN)の詳しい情報は、WWFジャパンのホームページにあるよ!
チェックしてみてね。

※絶滅危惧種の略称

ここではIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストの定義をもとに、WWFの呼称で表記しています

略称 EX EW CR EN VU NT
WWFの呼称 絶滅種 野生絶滅種 近絶滅種 絶滅危惧種 危急種 近危急種
環境省の呼称★ 絶滅 野生絶滅 絶滅危惧
IA類
絶滅危惧
IB類
絶滅危惧
II類
準絶滅危惧

★環境省のレッドリストのカテゴライズです。詳しくはコチラをご覧ください。

●この「パンタナールの野生動物図鑑」の情報は2017年12月現在のものです。 IUCN Red List Ver.3.1


▲ページの先頭へ